おススメ資材


流量自在調整型ドリッパー

点滴潅水にお薦めのノズルです。
流量がダイアルで簡単に調整できるので、鉢/木のサイズに合わせて潅水量を設定できます。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

2003年、「ペンタキープV」の効果確認

「ペンタキープV」という光合成・代謝促進作用を持つ肥料のサンプルを入手したのを機に、その効果を確認するための長期観察をしました。 「ペンタキープV」を施した鉢と、施さない鉢で、その成長の違いを毎週写真に撮って報告しています。 結果的には効果の確認はできませんでしたが、観察過程でのいろいろな発見が有意義でした。

Top Start(3/23) 1週目(3/30) 2週目(4/6) 3週目(4/13) 4週目(4/20) 5週目(4/27) 6週目(5/4) 7週目(5/11) 8週目(5/18) 9週目(5/25) 10週目(6/1) 11週目(6/8) 12週目(6/15) 13週目(6/22) 14週目(6/29) 15週目(7/6) 17週目(7/21) 19週目(8/3)

日付をクリックすると下にその日の記録が表示されます。


Start (03/23/03)




サンルーム内で、芽を展開している小さな苗を対象として、「ペンタキープV」を使ってみました。
やり方は、5,000倍液での潅水中心ですが、潅水時に葉にもかかっています。
まずは第一日目。当然、違いは無いですが、左が「ペンタキープV」を使った苗群、右が使っていない苗群です。
使った苗群の状態がちょっと見難かったので、次回から写真の撮り方を考えたいと思います。

品種は、「ペンタキープV」を使った苗群は右のとおりで、使っていない苗群は3本とも Sunshine Blue です。

サンルーム内の温度は、最低が5℃〜10℃の間、最高は30度弱となっています。
日当たりは、良い状態のところに置いています。
また、肥料としてマグアンプを置き肥しています。

1週間後に違いが見えることを期待してます。