おススメ資材


40cm丸ポット チップ栽培セット(V01)

40cm径ポットの栽培セットです。
針葉樹の樹皮・小枝チップをブレンドした用土とマルチ用チップがセットになっています。
2〜3年生苗の植え替え用にお薦めです。
苗木の生育良好です。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

2001年の休眠枝挿しの状況

休眠枝挿しの状況を記録しました。挿し木セット〜発根までの経過です。

2001年2月10日 2001年4月8日 2001年5月10日 2001年7月30日
日付をクリックすると下にその日の記録が表示されます。


【04/08/01】

2月10日にセットしたものから芽が出てきました。
3月中頃にセットしたものと比較しても、品種毎の差以外は殆ど差が見られず、挿し木セットは早い時期からやっても問題ないようです。
なお、挿し木後の管理は、温度調整無しの屋外で、雨よけと風よけをし、明るい半日陰に置いています。また、挿し木セット後(2月10日以降)の最低気温は-2.0前後が幾日かあった程度です。気温がマイナスに振れた日は挿し床のピートモスが凍っていましたが、それも特に今のところ問題なかったようです。

芽の展開が最も進んでいるものです。これは3月に入ってから挿し木セットしているものですが、挿し木のセット時期というよりも品種の特性により芽が大きく展開しているようです。
芽の展開度合いは、鉢植え/露地植えで育てている株と概ね一緒か、やや遅い程度です。やや遅れる理由は半日陰で管理しているためと思われます。
挿し木の容器は、上のプラグトレイと写真の極小ポットの2種類を使ってみています。用土はいずれも未調整ピートモス100%でやっています。