おススメ資材


流量自在調整型ドリッパー

点滴潅水にお薦めのノズルです。
流量がダイアルで簡単に調整できるので、鉢/木のサイズに合わせて潅水量を設定できます。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

2004年、土壌改良材比較実験

各種土壌改良材を使った用土での生育比較実験です。
成長の違いを不定期に写真撮影して記録・考察しています。

はじめに 各テスト区の詳細 Report No.1 (6/10) Report No.2 (7/5) Report No.3 (7/9) Report No.4 (11/7) まとめ

各項目をクリックすると下にその日の記録などが表示されます。


各テスト区の詳細

各テスト区の配置
トレー毎、4鉢ずつで1つのテスト区としています。

各トレー(/テスト区)内の品種配置です。
一部のテスト区を除きトレー内の品種配置を揃えています。

各テスト区は以下の表のとおりになっています。

また、テスト区は右のような配置で、潅水条件などできるだけ同じにするよう配慮しています。



テスト区 テスト対象 用土調整 管理メモ
A区 対照区 ピートモス100% 5/9 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
B区 WRCバーク(*1) ピートモス80%
+ WRCバーク20%
5/9 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
C区 WRCバーク(*1) ピートモス50%
+ WRCバーク50%
5/9 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
D区 WRCバーク(*1) WRCバーク100% 5/9 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
E区 炭化セラミックスS(*2) ピートモス90%
+ 炭化セラミックスS10%
5/30 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
F区 炭化セラミックスH(*3) ピートモス90%
+ 炭化セラミックスH10%
5/30 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
G区 セラプラスMG(*4) ピートモス95%
+ セラプラスMG5%
5/30 植え付け
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
H区 パワーマグ液(*5) ピートモス100% 5/30 植え付け
6/7 パワーマグ液 500倍潅注
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
7/6 パワーマグ液 500倍潅注
I区 WRCエクストラクト(*6) ピートモス100% 5/30 植え付け
6/7 WRCエクストラクト 100倍潅注
7/5 施肥 (*11)
7/5 針葉樹チップでマルチ
7/6 WRCエクストラクト 100倍潅注
J区 セラプラスWRC(*7) ピートモス90%
+ セラプラスWRC10%
7/6 植え付け
7/6 施肥 (*11)
7/6 針葉樹チップでマルチ
K区 セラプラスN(*8) ピートモス90%
+ セラプラスN10%
7/6 植え付け
7/6 針葉樹チップでマルチ
L区 ベントナイト(*9) ピートモス77%
+ 鹿沼土15%
+ パーライト8%
+ ベントナイト溶液(*10)
7/6 植え付け
7/6 施肥 (*11)
7/6 針葉樹チップでマルチ
(*1) WRCバーク
ウェスタンレッドシーダーから、ヒノキチオール、ツヤ酸などを抽出した後の粉砕物です。ヒノキチオール、ツヤ酸などの有効成分を 10%程度残していて、かつ、抽出過程で100〜200℃の温度がかけられていますので、成分が安定し、無菌となっています。

(*2) 炭化セラミックスS
機能性アップのため、比較的柔らかく焼き上げてある炭化セラミックスです。

(*3) 炭化セラミックスH
粉塵を少なくするため、比較的硬く焼き上げてある炭化セラミックスです。

(*4) セラプラスMG
炭化セラミックスに、パワーマグ液を含浸させたものです。

(*5) パワーマグ液
硫酸第一鉄、硫酸マグネシウム、アスコルビン酸などを含む土壌活性液です。原液のpHは2.0です。

(*6) WRCエクストラクト
ヒノキチオール、ツヤ酸などの成分を含むウェスタンレッドシーダー(ヒノキの一種)からの抽出液です。

(*7) セラプラスWRC
炭化セラミックスに、WRCエクストラクトを含浸させたものです。

(*9) ベントナイト
超微粒子の粘土一種で、モンモリロナイトとも呼ばれます。ピートモスにコーティングすることによってピートモスの弱点である乾くと水をはじくという性質を変えることができます(乾燥しても水をはじかず、水やりすればすぐに水を含む)。

(*10) ベントナイト処理用土の詳細
通常ピートモス69%、長繊維ピートモス8%、鹿沼土15%、パーライト8%、を混合した用土にベントナイト溶液(ベンナイト0.5Kg + 水4L)を滲みこませています。また、pH調整のためにサンドセットを50g加えています。
★ この用土は、BlueBerryHouse HP をご覧になっている 大阪府のN様ご提供です。

(*11) 施肥
「コーティング化成 180日溶出100%緩効性」40g を用土の表面に撒いています。